シール・ステッカー

マイページ

顧客センター

2019 - 10

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2019 - 11

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

印刷方法案内

  • >
  • 用紙・製作案内
  • >
  • 印刷方法案内

オフセット印刷について

「印刷」と言えば主にこのオフセット印刷の事を言うほど代表的な印刷方式です。
オフセット(OFF SET)は「付けて離す」といった意味であり、CMYKの4色に分けられたCTP版と呼ばれるアルミ板にインキを付けてそれをゴム素材のブランケットに移して(OFF)再度、紙に転写(SET)する方式です。 名刺やハガキからチラシ、雑誌などのページ物まで幅広い印刷物がこのオフセット印刷を利用しております。 オフセット印刷はオンデマンド印刷に比べ高品質な印刷が可能ですが、アナログでインキの量や水の量を調整しますので機械や機長によって、その日の天気や湿度によって印刷結果は大幅に異なります。また、色の出し方の特徴上印刷する度起こる色の誤差は避けられません。

  

コモリ社の4色オフセット機
4つのタワー1つにCMYKが一色ずつ入って順番に印刷されます。


オフセット印刷の流れ

オフセット印刷は印刷データ制作(デザイン、版下制作)、製版作業(CTP出力)、印刷作業、裁断・加工作業を経て納品されます。

  

オフセット印刷の流れ図
データ毎に版を4つセットで出力しますので、複数データを少量ずつ印刷するには向いてません。


オフセット印刷の仕組み

印刷データをCMYKの4色に分版して4つのCTP版を出力します。
CTP版は水と油が反撥し合う性質を利用したもので、印刷されない空白の部分は水が載り、インキを弾いて結果的に印刷される部分のみインキが載るようになります。 そのインキをブランケットに移し、再度ブランケットから紙に印刷されるのです。 版と紙が直接触れないので磨耗が少なく、鮮明な印刷ができます。

  

 

  

 


オフセット印刷の色表現

色の表現は大きくRGBとCMYKがありますが、 RGBはモニターでの色表現で、印刷ではCMYKで全ての色を表現します。 (C:シアン、M:マゼンタ、Y:イエロー、K:クラック)
各色に分版されたCTP版を印刷すると細かい点(網点)が見えますが、この点々の割合で各色が決まるのです。 例えば、K100%のブラックは網点が見えないべた塗りになり、K50%のグレーはそれの半分ほどの網点になります。

 
 

網点の拡大図
お手元にある印刷物を拡大してみると図のような網点が見えます。CMYKが点々で印刷されて一つの色を表現しています。