シール・ステッカー

マイページ

顧客センター

2019 - 12

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2019 - 01

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

後加工別データ作成方法

  • >
  • データ作成・ご入稿案内
  • >
  • 後加工別データ作成方法

・トムソン型(A、B)のデータ作成方法

トムソン型の場合、データ上にトムソン線を表示して頂く必要があります。

トムソン線は基本K100%の0.5pt線で表示して、できればレイヤを分けて頂くか、印刷データと一緒にクループ化はしないでください。


※トムソン線作成の際注意事項

トムソン線は90°以下に凹んだ場合、作成が難しいですので凹んだ先を若干丸めて作成してください。



・ホワイト印刷のデータ作成方法

透明テトロンで本印刷の前にホワイトベースの印刷をする事により印刷内容がよりクッキリさせることができます。



ホワイト印刷がある場合印刷データは本印刷のデータとホワイト印刷のデータ2つ必要です。

ホワイト印刷のデータは色をY100%に指定して同じドキュメントに並ぶように配置してください。



※必ず本印刷のデザイン全てをホワイト印刷にする必要はございません。

※ホワイト印刷をしても下地は少々透けてみえます。